清原果耶が女用心棒!お付きの女中から更に魅力を増した演技力!

清原果耶さんが大ブレイクするのは間近かもしれません。 これからますます、目が離せない注目の女優です。 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』でお付きの女中役で女優デビューした彼女は、 今度は、NHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』で女用心棒として登場しました。

清原果耶さんが大ブレイクするのは間近かもしれません。

これからますます、目が離せない注目の女優です。

 

清原果耶11

 

朝ドラから大河ファンタジーへ

 

清原果耶0

 

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』

お付きの女中役で女優デビューした彼女は、

今度は、NHK放送90年大河ファンタジー

『精霊の守り人』で女用心棒として登場しました。

 

主人公のバルサ(女用心棒)を演じる綾瀬はるかさんの

少女時代の役どころで大変重要なポストです。

 

清原果耶2連

 

難しい少女期

 

人は大人へと成長していく過程の少年・少女期が

最も多感で難しい時期だと思います。

 

人格形成に大きな影響を与えるのもこの時代でしょう。

 

その時代に槍術や馬術などの武術を鍛え上げ、

精神力も磨いていく・・・。

 

これはもう、普通の人の人生とは比べものにならないですね。

 

 

綾瀬はるかさんを引き立て繋いでいく

 

その難しい少女時代を演じるだけでも大変だと思うのですが、

綾瀬はるかさんに繋いでいく、というもう一つの重要な役割が

彼女には科せられているのですね。

 

綾瀬はるかさんはすでに大女優の風格さえ漂う

素晴らしい演技派女優です。

 

見るものを引き込むその演技力は、

もともと綾瀬さん自身が持っている本来の魅力

そのものがあってこそと思われます。

 

そんな綾瀬さんに繋いでいく役どころは

簡単ではないはずです。

 

むしろ主人公以上に難しく重要な役だと思います。

 

主人公の綾瀬さんをより引き立て輝かせるのは、

清原果耶さんの演技にかかっている・・・

主人公が活きるか死ぬかは脇役の彼女次第・・・

そう思うのは僕だけでしょうか。

スポンサーリンク

清原果耶の演技力は?

 

すでに『精霊の守り人』は放映がスタートし、

第2回まで終わったところです。

 

僕もしっかり見ましたが、

清原果耶さんの演技はどうだったかというと・・・

 

素晴らしかったと思います。

 

迫真の演技はとても10代の少女とは思えませんね。

 

特に格闘シーンでは相手と戦いながら

感情表現をしなければいけませんよね。

 

そこが難しいと思うのですが、

彼女の格闘シーンは綾瀬さんのそれと比べても

遜色なかったように思います。

 

彼女が演じる少女がそのまま綾瀬さん演じる

バルサになることが現実のことであるかのように

感じられました。

 

 

清原果耶の実写版ドラマ

 

『精霊の守り人』は今年から3年にわたって

放送される予定になっています。

 

これってもしかして

現在14歳の果耶さんが16歳になるまでの成長を

辿っていく実写版ドラマ???

 

そんな視点からも彼女の成長を見守りたいと思います。

 

今後の清原果耶さんに、ご注目下さい。

 

清原果耶9-330

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
PREV:石川優子が歌手に復帰!『僕らのポプコンエイジ』で歓喜の再会!
NEXT:ライフスタイル改善!あなたは朝型?それとも夜型?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です