雨上がり決死隊アメトーーク高校野球SP!史上最高セカンド町田友潤のプレイ!

テレビ朝日の番組、雨上がり決死隊のアメトーーク高校野球大好き芸人SPで球児たちのスーパープレーが紹介されました。 その中でもひときわ注目されたのが2008年、常葉菊川・町田選手のスーパープレー集! これでもほんの一部です。あなたも驚きのプレイの数々ぜひご覧下さい。

テレビ朝日の番組

雨上がり決死隊のアメトーーク

 

高校野球大好き芸人SPで

球児たちのスーパープレーが

紹介されました。

 

その中でもひときわ注目されたのが

2008年、常葉菊川・町田選手

のスーパープレー集!

 

これでもほんの一部です。

 

あなたも驚きのプレイの数々

ぜひご覧下さい。

 

 

アメトーークで紹介された6つのスーパープレー

 

アメトーークで紹介されたプレイは

2008年夏の甲子園大会でのもの。

 

一つの大会でのプレイで

しかもこれはほんの一部です。

 

2008年夏の甲子園で

町田選手はこれ以外にも

数多くのスーパープレー

を演じています。

 

スクリーンショット (622)

 

この時代の常葉菊川高校は

2007年、2008年と2年連続で

春、夏合わせて計4回

甲子園に出場しています。

 

町田選手が特に注目されたのは

2008年の夏ですが、

実は2007年、2年の時から

すでに好プレーを連発しています。

 

2007年春 選抜優勝

2007年夏 選手権4強

2008年春 選抜3回戦敗退

2009年夏 選手権準優勝

 

圧倒的な強打で強さを誇った

常葉菊川高校でしたが、

 

その中で町田選手の好守備は

間違いなく常葉菊川大躍進の

原動力になりました。

 

 

それではアメトーークの番組で

放送された動画をご覧下さい。

 

 

放送の中で剛力彩芽さんも

「すご~い」

とビックリされてますね。

 

野球経験の無い人でも

凄い!

と感動するしかないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

才能だけではない努力あってのスーパープレー

 

8年経った今でも語り継がれる

町田友潤選手のスーパープレー。

 

しかし、彼の華麗で見事な守備は

センスや才能だけではありません。

 

それだけの努力をしてきた結果

身につけたものでした。

 

それを証明するのが、

町田選手が1年の秋、

7失策をしたという事実です。

 

それから猛練習をして

あれほどの守備力を身につけた

ということです。

 

もちろん猛練習したからといって

皆がそこまで上達するわけでは

ありません。

 

やはりセンス、才能も必要です。

 

しかし、それだけでは

人を感動させるプレイは

生まれないでしょう。

 

元々の才能に絶えまぬ努力があって

はじめて人を感動させることが出来る

そう思います。

 

スクリーンショット (626)

 

今後、町田選手を越えるような

守備で感動させる選手は

出てくるのでしょうか。

 

2008年以降は残念ながら

そこまでの選手は見当たりません。

 

しかし、

この町田選手の動画を見た

子供たちが刺激を受けて、

町田選手を目指すことでしょう。

 

そこから町田選手を越える

プレイヤーが誕生することを

強く願っています。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

■関連記事

「高校野球史上最高の内野手は2008年常葉菊川高セカンド町田友潤!」

スポンサーリンク
PREV:高校野球史上最高の内野手は2008年常葉菊川高セカンド町田友潤!
NEXT:リオオリンピックで日本柔道復活の兆し!大野将平金メダルの本当の価値!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です