行田発ランニング足袋きねや無敵!下町ロケットの池井戸潤『陸王』で注目!

ランナーにお勧めのシューズを紹介します。 それは足袋屋が作ったランニングシューズ、、、ならず、ランニング足袋。 『きねや無敵』と命名されたそのランニングシューズは、下町ロケットの池井戸潤の小説『陸王』で取り上げられ評判になりました。 話題性だけでない『無敵』の素晴らしさを紹介します。

ランナーにお勧めのシューズを

紹介します。

 

それは足袋屋が作った

ランニングシューズ、、、

 

ならぬ、

ランニング足袋です。

 

『きねや無敵』と命名された

そのランニングシューズは、

『下町ロケット』の池井戸潤の

小説『陸王』で取り上げられ

評判になりました。

 

話題性だけではない『無敵』

の素晴らしさを紹介します。

 

 

『きねや無敵』の誕生秘話

 

埼玉県行田市は江戸時代から

足袋の生産で知られた街です。

 

最盛期は行田の足袋が

国内生産量の約8割を占めた

と言われています。

 

その行田市で現社長・中沢氏

の祖父が1949年に

『きねや足袋』を創業します。

 

二代目社長・中沢氏の父は

ベトナムに拠点を設けて

職人育成に乗り出しています。

 

そして、2014年に三代目社長

として中沢氏が就任します。

 

斜陽産業であった足袋製造から

同業他社が撤退する中、

中沢社長はあくまで足袋に

こだわったと言います。

 

ただし、これまでの足袋とは

違ったアウトドア分野で

商品開発を進めようとしていました。

 

そんな中、裸足ランニング界の

トップアスリート高岡氏から

裸足感覚のシューズ製作

の相談を受けます。

 

このチャンスに中沢社長は

ランニング足袋の開発に

乗り出したのです。

 

試行錯誤を繰り返しながら

何度も試作を製作し、

5型目にしてようやく完成。

 

MUTEKI 『無敵』 の誕生です。

 

そうして2013年9月に

発売されるに至ったのです。

 

スポンサーリンク

 

ランニング足袋 MUTEKIとはどんなシューズ?

 

1436885924-430

 

ランニング足袋MUTEKIとは、

一言で言えば、

裸足感覚に近いシューズです。

 

通常のランニングシューズは

ソールにクッション材が入りますが、

MUTEKIは入りません。

 

伝統的な製法で仕上げた足袋に

柔らかくグリップ力の高い

わずか5ミリ厚の天然ゴムソールを

手縫いで縫いつけたものです。

 

ナイロン製の足袋がベースに

なっているので2本指です。

 

素足感覚で路面を

踏みしめることが出来、

人間本来の走りを取り戻す

ことが出来るのが特徴です。

 

 

裸足感覚で走るのがなぜ良いのか?

 

それではなぜ、裸足感覚で走ると

良いのでしょうか。

 

もともと人間の祖先は裸足で

原野を駆け回っていました。

 

その為、そもそも裸足で走るのに

適した身体のつくりなのです。

 

ところが、現代では

シューズを履いています。

 

ソールに厚くクッション材が入り

衝撃を和らげるつくりになっています。

 

そのため踵から着地するように

なりました。

 

しかし、それは本来の人間の

理に適った走りではありません。

 

裸足で走ってみるとよく分かります。

 

裸足では怖くて踵から

着地出来ません。

 

間違いなく怪我をします。

 

それではシューズを履けば

クッションで守られているから

安全なのでしょうか?

 

踵からの着地でも

絶対に怪我をしないでしょうか?

 

そんなことはないでしょう。

 

いくらクッションで守られていても

着地の衝撃はダメージとなって

蓄積されていきます。

 

その弊害がランナーの怪我として

多くの人たちを苦しめているのです。

 

そこで本来の裸足ランニングに

近い状態で走れるシューズが

求められたのです。

 

2a8e79c9-430

 

アフリカのランナーが強いのは

幼いころから裸足で長い距離を

駆けまわっていたことも要因だと

言われています。

 

アフリカのトップランナーのほとんどが

フォアフット、つまり足の前足底から

着地していることも分かっています。

 

以上のことからみても

裸足感覚で走れるシューズは

理想的なシューズだと思います。

 

ただし、

現代人はシューズで走るのに

慣れてしまっています。

 

靴底の浅い裸足に近いシューズは

すぐには慣れないと思います。

 

それこそ最初から

スピードを出して走ったり、

長い距離を走れば怪我の元です。

 

徐々に慣らしていくことが

必要な条件だと思います。

 

しかし、足袋シューズに慣れて

人間本来の走りが出来た時、

どんなパフォーマンスが

発揮されるようになるのか、、、

 

とても楽しみでもあり

興味が尽きませんね。

 

 

ランナーならぜひ一足は

欲しい一品です。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
PREV:蒼井優CMマンダム炭酸泡洗顔ビフェスタで美しい透明肌へ!
NEXT:ランニング足袋MUTEKIの評判と今後の課題!リスクや記録更新の可能性は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です