富士フイルムCM化粧水アスタリフトのさよならすべきダメージコラーゲンって何?

女優の高畑充希さんと松たか子さん出演のCM富士フイルムの化粧水アスタリフトに注目してみました。 このCMで特に気になったのは「サヨナラすべきコラーゲン」「ダメージコラーゲン」の二つの言葉です。 美肌にとっていらないコラーゲンもあるんだってあなたも思いませんでしたか?

女優の高畑充希さんと

松たか子さん出演のCM

富士フイルムの化粧水

アスタリフトに注目してみました。

 

このCMで特に気になったのは

「サヨナラすべきコラーゲン」

「ダメージコラーゲン」

の二つの言葉です。

 

美肌にとっていらない

コラーゲンもあるんだって

あなたも思いませんでしたか?

 

 

富士フイルムがなぜ化粧品なの?

 

スクリーンショット (665)

 

昔の富士フイルムを知っている方は

なぜ化粧品なの?

って思われたことでしょう。

 

カメラもデジタル時代で

フイルムが要らなくなったから。

 

もちろんそれもありますね。

 

しかし、それ以上に凄いのは

これまでのフィルム製作技術を

美肌の研究に活かしたところです。

 

どういうことかと言いますと、

 

写真フィルムは実のところ、

半分はコラーゲンで出来ている

ということなんです。

 

あなたもご存知でしたか?

 

富士フィルムは写真を

美しいまま残すため、

長年かけてコラーゲンの

メカニズムを解明してきました。

 

目指してきたのは、

紫外線などのダメージで

劣化しないということです。

 

これってまさにスキンケアと

目指すものが同じなんです。

 

そこに着目した富士フィルムは

最先端のコラーゲン研究を

スキンケアやサプリメント、

再生医療の分野にも応用

したという訳なんです。

 

スポンサーリンク

 

「さよならすべきコラーゲン」「ダメージコラーゲン」って何?

 

コラーゲン研究で最先端

を行っていた富士フィルムは、

画期的な美容液アスタリフト

を開発しました。

 

そのアスタリフトの化粧水を

さらに進化させることに

成功したのです。

 

それが、

ダメージコラーゲンの排除です。

 

では、そのダメージコラーゲンって

いったい何なのでしょう。

 

スクリーンショット (668)

 

人は年齢や紫外線によって

コラーゲンが劣化し

肌の内部に蓄積します。

 

それが肌本来のハリを失わせる

原因になることが分かってきました。

 

その年齢や紫外線で劣化した

コラーゲンがダメージコラーゲンで

美肌には邪魔なものなのです。

 

CMでは、

「さよならすべきコラーゲン」

「ダメージコラーゲン」

で紹介されています。

 

 

高畑充希と松たか子の美しい美肌CM

 

『とと姉ちゃん』で今が旬の女優

高畑充希さんと松たか子さんが

美しい美肌のCMを演出しています。

 

 

とても透明感があってみずみずしく

清潔感あふれる映像だと思います。

 

さすが、元写真フィルムメーカー

富士フィルムだと思いました。

 

フィルムでの研究成果をさらに

美肌や健康分野に活かして

いってほしいと思います。

 

時代が変わっても、

これまでの研究成果を

他の分野で活かしていく。

 

理想的な企業の在り方を

富士フイルムが見せてくれています。

 

スクリーンショット (675)

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
PREV:ランニング足袋MUTEKIの評判と今後の課題!リスクや記録更新の可能性は?
NEXT:エースコックふぉこり気分ハノイのフォーはカロリー控えめでヘルシー!女性にお薦め!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です