フルマラソン85歳でサブフォー(4時間以内完走)世界新記録!

85歳のおじいちゃんが、フルマラソンを4時間以内完走。 見事に世界記録を更新しました。 85歳以上のクラスでは世界に類を見ない速さです。 85歳の高齢でどうしてそんなに速く走れるのか、その秘密に迫ってみたいと思います。

85歳のおじいちゃんが、

フルマラソンを4時間以内完走。

 

見事に世界記録を更新しました。

 

85歳以上のクラスでは

世界に類を見ない速さです。

 

85歳の高齢で

どうしてそんなに速く走れるのか

 

その秘密に

迫ってみたいと思います。

 

 

85歳の世界一のランナーとは?

 

85歳で世界記録を更新したのは、

カナダのEd Whitlockさんです。

 

毎年カナダのトロントで開催される

トロント・ウォーターフロント・マラソン

で達成しました。

 

その記録はなんと

3時間56分33秒

 

この記録も凄いのですが、

Whitlockさんは同じ大会で

73歳の時サブスリー

(記録:2時間54分)

を達成しているというから

これまた驚きですね。

 

ちなみにこの記録はいまだに

破られていないそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

85歳でも速く走れる訳は?

 

Whitlockさんはなぜこれほど速く

走れるのでしょうか?

 

走歴を見てみましょう。

 

10代の頃は走っていたそうですが

21歳からは止めています。

 

それが40歳から再び走り始め

現在に至っています。

 

つまり40歳からでも45年も

走っているのです。

 

人生の半分以上も走っている

ベテラン中のベテランですから

速いのは当然かもしれません。

 

しかし、それにしても速すぎます。

 

しかも年をとっても衰え知らず。

 

その秘訣は何なのでしょうか?

 

fbeb6_1459_e4d36726150c732b2320c0f8d88383cb

 

写真を拝見してその理由が

分かった気がしました。

 

余分な肉が全くついていない

 

ほとんど骨と皮だけのような

身体つきですね。

 

もちろん走るための筋肉は

あるわけですが、それは

ほとんどが遅筋なのでしょう。

 

遅筋は速筋のように

太く大きくならない筋肉ですから

ほとんど目立ちませんが

しっかり付いているようです。

 

遅筋は持久力に優れた筋肉

ですから、まさにマラソンランナー

のための筋肉です。

 

加えて体重の軽さも

有利に働いているようですね。

 

マラソンを走るためだけに

特化した身体になっている

ように思えます。

 

そして、

世界記録を出した今も満足しない

向上心の旺盛さが一番の

速さの要因なのかもしれません。

 

 

マラソンの代償は?

 

c28ec_1459_602760c3e7f274c6aabacb3009336a68

 

しかし、一方で健康的かと言えば

決してそうは言えないと思います。

 

85歳の実年齢以上に皺が多く

老けて見えるのは否めません。

 

マラソンを走ると活性酸素が

大量に発生します。

 

その活性酸素が身体を

錆びさせるのは周知の事実です。

 

いかにケアしようとも45年も

走り続けたリスクはあるでしょう。

 

それでもWhitlockさんにとって

後悔しない幸せな人生ならば

それが一番かもしれませんね。

 

 

評価するのはあなた次第

 

速さを追及するマラソン人生か

健康的にゆったり生きる人生か

 

どちらが価値がある人生かは

誰にも分かりません。

 

それを評価するのは

Whitlockさん自身であり、

あなた自身でもあるのです。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
PREV:『逃げるは恥だが役に立つ』ガッキー新垣結衣の恋ダンスが人気の理由!
NEXT:中条あやみのけん玉が見事!NTTドコモdカードCMの何がお得?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です