頚椎椎間板ヘルニアの奇跡!自然治癒力を信じる!vol.3

これは僕が頸椎椎間板ヘルニアをどう克服したか、というお話しです。 今回は、薬の効用と副作用、自然治癒力を信じる、についてお話しします。

これは僕が

頸椎椎間板ヘルニアをどう克服したか

というお話しです。

 

今回は、

薬の効用と副作用

自然治癒力を信じる

についてお話しします。

 

 

薬の効用と副作用

 

僕は医師に不愉快な思いを

させてしまいました。

 

医師を苛立たせた僕の質問は、

 

『薬の効用と副作用について』

『マクロファージについて』

 

以上の二つです。

 

『薬の効用と副作用について』

医師から得た答えは、

 

・ 薬は痺れや痛みを

抑えるものであること

 

・ ヘルニアそのものが

治るわけではないこと

 

・肝機能に少なからず

副作用があること

 

『マクロファージについて』

は詳しく言及されませんでした。

 

僕は自分の思いを伝えました。

 

「僕は以前、肝炎で入院しています。

今も肝機能に不安を抱えています。

肝臓には少しの負担も

かけたくありません。」

 

医師の答えはこうでした。

 

「副作用のない薬なんてありません。

そういう意味では薬はすべて毒です。

食物にだってアレルギー物質は

含まれています。」

 

正直な答えをいただけて

有り難く思いました。

 

その答えをもらって

僕は決断したのです。

 

通院の使用は、

お断りすることにしました。

 

スポンサーリンク

 

自然治癒力を信じる

 

僕が薬の使用をやめたのは、

次の理由からです。

 

・ 痺れや痛みが和らいでも

根本的な治療にはならない

 

・ 痺れや痛みを薬で抑えれば

よくなっているのか

悪くなっているのか

判断するのが難しくなる

 

・ 副作用の懸念

 

 

僕は以前から滅多なことでは

医者に行ったりを飲んだり

しないタイプです。

 

風邪腹痛頭痛でも

薬はまず飲みません。

 

決して医者

否定しているのではありません。

 

むしろ大変ありがたいものと

思っています。

 

医学の進歩で

昔なら不治の病と言われた病気も

現代では治療が可能になっています。

 

そのおかげで多くの人命が

救われているのです。

 

現に僕は以前、

肝炎で入院し命を救われています。

 

その前は、

虫垂炎で腹膜炎寸前で

助けられています。

 

そのことを思うと

感謝してもしきれません。

 

しかし、僕が医者や薬に

出来るだけ頼りたくないのは、

 

『自分への戒め』 

『自然治癒力信仰』

からです。

 

僕は何より

人間の自然治癒力を信じています。

 

自然治癒は僕のポリシーなのです。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
PREV:頚椎椎間板ヘルニアの奇跡!最強マクロファージの存在!vol.2
NEXT:矢口真里が炎上覚悟のブログ更新!偽善の批判に耐え震災を心配!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です