マンガの聖地トキワ荘2020年オープン!手塚治虫、石ノ森章太郎らが蘇る内容公開!

トキワ荘といえば古きよき昭和の時代、マンガの聖地として有名な集合住宅。 場所は東京都豊島区南長崎、1952年から1982年まで存在した木造アパートです。 それが東京オリンピックの年2020年に復元され、漫画ミュージアムとしてオープンすることになったのです。 はたして新しいトキワ荘はどんな建物なのでしょうか?

トキワ荘といえば古きよき昭和の時代

マンガの聖地として有名な集合住宅。

 

場所は東京都豊島区南長崎

1952年から1982年まで存在した

木造アパートです。

 

DSC00623

 

それが東京オリンピックの年

2020年に復元され

漫画ミュージアムとして

オープンすることになったのです。

 

はたして新しいトキワ荘

どんな建物なのでしょうか?

 

 

外観は忠実に再現、屋内は懐かしい空間

 

外観は元のトキワ荘に忠実に

再現されるようですね。

 

屋内は今はまだ未定です。

 

トキワ荘で暮らした漫画家や

その親族、地元住民たちで

話し合うそうです。

 

tokiwa_sou002m

 

ミュージアムということですが、

どんな風になるのでしょうか?

 

ちょっと予想してみました。

 

1階は広いホールが中心で

ミュージアムそのもの。

 

当時も漫画家たちの

写真や作品、使用していた道具

などが展示されています。

 

併設された売店では、

漫画家やアニメキャラクターのグッズ

懐かしい漫画復刻本などが

販売される予定です。

 

オールドファンにはとても嬉しく

たまらないサプライズになります。

 

四畳半の部屋が10室あった

という2階は、

当時の四畳半の部屋を

何室かリアルに再現。

 

11

 

手塚治虫石ノ森章太郎など

今もそこに住んでいるかのような

演出がされています。

 

そしてこれも嬉しい併設されたカフェ。

 

そこでは『ジャングル大帝レオ』

『鉄腕アトム』『サイボーグ007』

などの懐かしい映像が見られます。

 

もしかしたら、一日ずっといても

楽しめるのかもしれません。

 

なんだか想像しているだけで

楽しくなってきますね。

 

スポンサーリンク

 

子供のころ最初に手にした鉄腕アトム

 

僕がこの世に生まれ、

物心ついたとき最初に見た漫画

それは手塚治虫『鉄腕アトム』

でした。

 

それは漫画本だけではなく

テレビでも同じです。

 

テレビのスイッチを入れると

少し鈍い音がして

しばらく待たなければなりません。

 

そうなんです。

 

懐かしい真空管のテレビです。

 

テレビの画面が少しずつ

はっきりしてきてそこに映し出された

鉄腕アトムにワクワクしていました。

 

hqdefault

 

その頃はもちろん白黒です。

 

カラーになってからみた漫画は、

『ジャングル大帝レオ』

 

アフリカの大地が美しく映し出され

自分がその大自然の中にいるような

そんな気持ちになったのを覚えています。

 

top_image

 

それから、

『オバケのQ太郎』『サイボーグ007』

『怪物くん』『パーマン』

『モーレツあ太郎』『天才バカボン』

などなど・・・

 

本当に懐かしくて

涙が出そうになります。

 

 

前の東京オリンピックは1964年

 

僕はその時3歳でした。

 

漫画に出会い、漫画がようやく

分かるようになった頃だと思います。

 

そして2度目の東京オリンピックは

2020年。

 

奇しくもその年にトキワ荘の復活で

懐かしい漫画が蘇るのです。

 

東京オリンピックの年に

あの頃の漫画と

再び巡り合えるのです。

 

なんて幸せな出来事なんでしょう。

 

2020年が今からとても楽しみです。

 

心はすでに1964年に戻っています。

 

20160223トキワ荘

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
PREV:市川紗椰ワコールウイングCMで芸術的な美しい映像を披露!
NEXT:橋本環奈のダンスが可愛い九州ろうきんCM!本当に誰でも使えるの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です