大雨での避難場所(大阪)と身を守る方法!ハザードマップもチェック

スポンサーリンク
  こんにちは!けんたろうです。     気象庁が緊急の会見を開き 大雨特別警報の可能性を 発表しました。   今後も西日本から東日本にか...

 

こんにちは!けんたろうです。

 

 

気象庁が緊急の会見を開き

大雨特別警報の可能性を

発表しました。

 

今後も西日本から東日本にかけて

猛烈な雨が断続的に続くことが

懸念されるとのことです。

 

特に河川の氾濫土砂災害には

厳重な警戒が必要です。

 

 

そんな中、私たち市民は

自らの手で身を守る必要があります。

 

大雨の時の避難場所はどこで

どうやって探したら良いのか?

 

自ら身を守る方法

どのようにしたらよいのか?

 

ハザードマップについても

まとめてみました。

 

 

大雨から身を守る方法と注意点

 

自然災害は何時いかなる時に

降りかかってくるか分かりません。

 

自分だけは大丈夫なんて

保証はどこにもありません。

 

いざ、その時のために普段から

身を守る方法を知っておくことが

とても大切ですね。

 

 

それでは、

大雨から身を守る方法と注意点です。

 

 

1.気象情報や警報、避難の呼びかけを

  こまめに確認する。

 

2.いつでも避難できる準備をしておく

 

3.不必要な外出は避け、

  危険な場所には近づかない。

 

4.屋外に出るとかえって危険だと

  判断した場合は避難所に向かわず、

  2階以上の部屋や崖や川から離れた

  部屋に移動する。

 

5.浸水に備え、食料、衣類、寝具などは

  高い場所へ移動しておく。

 

6.断水に備えて浴槽に水をはっておく。

 

7.浸水した道を歩く時、長靴は危険。

  運動靴がベスト。

 

8.水中のマンホールや溝に注意し、

  長い棒を杖代わりに使う。

 

9.地下街や地下鉄の浸水に注意

 

10.浸水した道路では

   水圧で車のドアが開かない。

 

11.雨が続いているのに

   川の水位が下がったり、

   流木があるのは土石流の危険も。

 

12.亀裂や落石があるのは

   がけ崩れの前兆の可能性有り。

 

以上の12項目です。

 

 

ちょっと心掛ければ出来ることも

たくさんあります。

 

また知っているかいないかで

危険度も大きく変わってきます。

 

ぜひ、この12項目は

頭に入れておいて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

大雨での避難場所

 

大雨特別警報が発令された

地域が増えてきましたが、

 

特別警報はそもそも

重大な災害が発生する恐れが

著しく大きい時に発表されます。

 

自らの命を守るためにも

避難場所は必ず確認しておきましょう。

 

 

大阪府避難場所はこちらから

⇒大阪府避難場所マップ

 

全国の避難場所マップ >>

 

 

こちらは全国避難場所一覧です。

NAVITIME

 

 

またスマホをお持ちの方は

全国避難所情報アプリが便利です。

 

Android版はこちら  >>

iPhone版はこちら   >>

 

 

ハザードマップについて

 

国土交通省ハザードマップ

ポータルサイトです。

↓   ↓   ↓

https://disaportal.gsi.go.jp/

 

 

洪水土砂災害津波など目的別に

全国各地のハザードマップを確認出来ます。

↓   ↓   ↓

 

あなたのお住まいの地域だけでも

ぜひとも確認されておくことを

おすすめします。

 

 

まとめ

 

大阪の中でも北部地震の被害が

大きかった地域が心配ですね。

 

茨木市、枚方市、高槻市などには

土砂災害の危険性から

すでに避難勧告が出されています。

 

今後は、

大雨により地盤が緩くなることで

建物の被害拡大も懸念されます。

 

特にお年寄りや小さなお子様には

早めの避難で

安全を確保してもらいたいですね。

 

お互いが助け合って

無事に避難されることをお祈りします。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
PREV:山梨祇園祭2018見どころと日時は?駐車場トイレや交通規制も
NEXT:片岡聡一(岡山総社市長)の経歴や高校大学は?ツイッターや嫁と家族も

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です