高校野球史上最高の内野手は2008年常葉菊川高セカンド町田友潤!

スポンサーリンク
高校野球史上最高の内野手は?と問われれば、迷いなくこの選手を挙げると思います。 それは2008年夏の甲子園に登場した静岡県代表・常葉菊川高のセカンド町田友潤選手です。 ファインプレイは1度や2度ではありません。町田選手にとってはファインプレイは当たり前の普通のプレイ。そんな彼の凄さを紹介します。

 

高校野球史上最高の内野手は?

 

と問われれば、迷いなくこの選手

を挙げると思います。

 

それは2008年夏の甲子園に

登場した静岡県代表・常葉菊川高

のセカンド町田友潤選手です。

 

ファインプレイは

1度や2度ではありません。

 

町田選手にとっては

ファインプレイは当たり前の

普通のプレイ。

 

そんな彼の凄さを紹介します。

 

 

高校野球の常識を変えた常葉菊川

 

2007年春の甲子園選抜大会

衝撃的なチームが現れました。

 

静岡県代表常葉菊川高校です。

 

これまでの高校野球の常識を覆す

その野球とは、、、

 

バントを一切しない

フルスイング打線です。

 

ノーアウトのランナーが

1塁や2塁にいれば、

バントで塁を進めるのが普通です。

 

1アウト2塁、3塁にして

得点しやすい場面を作るのが

多くの場合の定石でした。

 

しかし、この年の常葉菊川

違っていました。

 

どんな場面でも塁を進める

バントは一切なし、

 

フルスイングで向かったのです。

 

その結果、

見事に選抜大会優勝

 

さらにその年

夏の甲子園ベスト4

 

翌年2008年の夏準優勝

 

と全国の高校野球ファンに

強烈な印象を残しました。

 

当時、

高校野球の歴史を変えた

とまで言われました。

 

スポンサーリンク

 

フルスイング超攻撃野球の中で光る堅実華麗な守備

 

フルスイング超攻撃野球が注目された

常葉菊川高校ですが、

守備も鍛えられていました。

 

そんな中にあって

ひときわ堅実華麗な守備が光る

選手がいました。

 

それがセカンドを守る

町田友潤選手でした。

 

スクリーンショット (624)

 

彼の守備は、ただ上手い

だけではありません。

 

ヒット性の当たりを次々と

ファインプレイでアウトにしてしまう

 

しかもそれを難しそうにではなく

軽々とやってしまうのです。

 

その上、流れるように美しく

華麗な無駄のない動き・・・

 

プロ野球の選手かと

見間違うようなプレイです。

 

かつて高校野球で

これほど見事な守備を魅せる

プレイヤーは見たことありません。

 

論より証拠、

まずはこちらの動画をご覧下さい。

 

 

 

 

 

「セカンドに打ってしまえば望みはありません」

 

実況しているアナウンサーの言葉が

すべてを物語っています。

 

一選手の守備に対して

町田選手ほど賞賛のアナウンスが

されたことはなかったでしょう。

 

極めつけは、

 

「セカンドに打ってしまえば

望みはありません」

 

という実況中継でした。

 

こんなセリフを言わせてしまう

町田選手は間違いなく

高校野球史上最高の内野手です。

 

 

 

 

魅せる守備はお金を払ってでも見たい

 

かつてミスタープロ野球と言われた

長嶋茂雄氏の守備が

観客を楽しませました。

 

派手なオーバーアクションは

観客を魅了しました。

 

それに対して

町田選手の守備は

美しく華麗な魅せる守備です。

 

高校生とは思えないほどの

プロ顔負けの華麗な守備は

お金が取れる守備だと思います。

 

高校野球にお金は不謹慎

かもしれませんが、

お金を払ってでも見たい守備

 

それが町田友潤選手のプレイです。

 

スクリーンショット (621)

 

町田友潤選手のその後

 

町田友潤選手は、高校卒業後

早稲田大学に進学しました。

 

硬式野球部に入部するも

ほどなく退部し、

大学も中退しています。

 

退部の理由ははっきりしませんが、

部の体質に合わなかったとも

腰痛が原因とも言われています。

 

いずれにせよ

神宮でその雄姿を見れなかった

ことはすごく残念ですね。

 

 

早稲田中退後は社会人野球

ヤマハに入部しますが、

これも持病の腰痛が原因で

現役続行を断念しました。

 

結局、

華麗な守備を大衆に披露したのは

甲子園大会が最後になりました。

 

2007年、2008年に活躍した

一人の高校球児が10年経った今も

なお語り継がれ、

 

You Tubeのたくさんの動画で

見られるなんて

そうそうあることではありません。

 

しかも、ピッチャーやスラッガー

ならいざ知らず、

セカンドの守備という

地味な分野での注目です。

 

時が経つほどに

幻の名選手として

語り継がれていくことでしょう。

 

 

スクリーンショット (629)

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

■関連記事

「アメトーク高校野球SP!甲子園史上最高セカンド町田友潤のプレイ」

 

スポンサーリンク
PREV:池田エライザCMアディダスneoシューズのcloudfoamクラウドフォームって何?
NEXT:アメトーク高校野球SP!甲子園史上最高セカンド町田友潤のプレイ

コメント

  1. […] 「高校野球史上最高の内野手は2008年常葉菊川高セカンド町田友潤!」 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です