年度初めのスタート!主要企業の入社式でトップのエールに学ぶ!

2016年4月1日、新しい年度のスタートです。   今日は全国各地で入学式や入社式が行われましたね。   3月の『別れの季節』から、4月の『出...

2016年4月1日、新しい年度のスタートです。

 

今日は全国各地で入学式入社式が行われましたね。

 

3月の『別れの季節』から、4月の『出会いの季節』へ。

 

新しい世界に飛び込む者も、迎え入れる者も、

『出会い』『縁』は大切にしたいものです。

 

 

入社式での経営トップのエール

 

日本を代表する主要企業でも入社式がありましたが、

経営トップから新入社員へのエールに注目してみました。

 

■ホンダ・・・八郷隆弘社長

「『出る杭は打たれる』ということわざがあるが、出ない杭は腐る。

出ない杭に未来はない。皆さんには『出る杭』になってもらいたい。」

 

■イオン・・・岡田元也社長

「イオンは大きいが、その最小単位は個人だ。

お客様の変化に対応できる個人が集まれば、強い力になる。」

 

■日産自動車・・・カルロス・ゴーン社長

「クルマのパワーはクルマの内にあり、会社のパワーは社内にある。

みなさんはそのパワーの燃料だ。」

 

■日立製作所・・・東原敏昭社長

「先読みをして先手を打つ。それがビジネスの基本です。

変化をつかむ力を磨いて下さい。」

 

■楽天・・・三木谷浩史社長(社内公用語「英語」で挨拶)

「あなたたちが私の年齢の51歳になった時、

自動車は人が運転していないだろうし、ドローンは商品だけでなく

人を運ぶようになっているかもしれない。

今までのやり方にとらわれず、挑戦者であり続けて」

 

■ANAホールディングス・・・片野坂真哉社長

「一人ひとりが自己ベストを尽くそう。

今後の成長を期待します。」

 

『耳が痛い言葉』で成長

 

さすがに日本を代表する企業の社長の言葉は重みがありますね。

 

新入社員に『やる気』を起こさせ、『持てる力』120%まで

引き出すような言葉に溢れていると思いました。

 

新入社員のみならず、先輩社員もこの時こそ初心に帰って

自分自身を見つめ直す良い機会ではないでしょうか。

 

僕にとっても『耳が痛い言葉』がたくさんありました。

 

しかし、『耳が痛い言葉』こそ自分を成長させてくれると信じています。

スポンサーリンク

『あなたに贈る禁断の玉手箱』今日からスタートします!

 

今日からこのブログをスタートします。

 

僕にとって新たなひとつのことへの出発になります。

 

『あなたに贈る禁断の玉手箱』

 

あなたにとって「参考になった」「役に立った」と思えるような情報を

僕自身も勉強しながら発信していきたいと思っています。

 

『あなたに贈る禁断の玉手箱』を手に取っていただき、

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
NEXT:石川優子が歌手に復帰!『僕らのポプコンエイジ』で歓喜の再会!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です