Warning: Declaration of cy_search::widget() should be compatible with WP_Widget::widget($args, $instance) in /home/kenkoba31/yumejiyuu.com/public_html/wp-content/themes/Infinite/widget/widget-search.php on line 8

Warning: Use of undefined constant url - assumed 'url' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkoba31/yumejiyuu.com/public_html/wp-content/themes/Infinite/options/options.php on line 9
フェアプレーポイント同点で抽選方法は?W杯グループ勝ち抜き条件 | あなたに贈る禁断の玉手箱
Home >
Warning: Use of undefined constant multiple - assumed 'multiple' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkoba31/yumejiyuu.com/public_html/wp-content/themes/Infinite/includes/map.php on line 16
スポーツ >

フェアプレーポイント同点で抽選方法は?W杯グループ勝ち抜き条件

スポンサーリンク
  こんにちは!けんたろうです。     FIFAワールドカップ2018で   日本代表がグループHを勝ち抜き 決勝トーナメント進出です。   ...

 

こんにちは!けんたろうです。

 

 

FIFAワールドカップ2018

 

日本代表がグループHを勝ち抜き

決勝トーナメント進出です。

 

グループリーグの最後の試合、

 

日本vsポーランド

セネガルvsポルトガル戦は

 

同時進行で試合が進んだため

ヤキモキしながら観ていました。

 

特に日本が1点ビハインドになってからは

気が気ではありませんでした。

 

 

結果はポーランドに敗れた日本が

フェアプレーポイントの差

 

セネガルをおさえて

決勝トーナメント進出を決めました。

 

 

ところでフェアプレーポイント

もし同点だった場合は、

 

抽選ということなんですが

いったいどのような方法で

抽選が行われるのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

 

フェアプレーポイントでの決着は大会初

 

 

フェアプレーポイントでグループリーグを

突破した日本ですが、

 

ポーランド戦終盤の戦い方には

日本のサポーターの間でも賛否両論。

 

 

別会場でセネガルがコロンビアに

同点に追いつけば

すべてが水の泡になる状況で

 

ひたすら時間稼ぎに

ボールを回し続けた采配に

 

海外のメディアからは

酷評を受けています。

 

 

しかしこれも結果論。

 

戦い方を選択するのも

指揮官の大事な仕事です。

 

 

なんと言われようと勝つために

選択した戦い方で

 

決勝トーナメントへ進出したのだから

評価してあげるべきでしょう。

 

 

理想を言えば、

 

もちろん積極的に点を取りにいって

その結果の予選突破が一番ですが、

 

万が一それで失点してしまったら

それこそ非難されていたでしょう。

 

 

すべての国民の期待を背負って

戦っているのは監督と選手たちです。

 

 

今大会初のフェアプレーポイントでの

予選突破は称賛に値します。

 

 

そして日本代表が称賛されるべき

もうひとつの理由が

こんなところにもありました。

 

スポンサーリンク

 

日本代表のファール数は最少だった

 

今回はフェアプレーポイントだけが

やたらと注目されていますが、

 

フェアプレーはポイント(警告数)

だけではありません。

 

イエローカードやレッドカード以外の

ファール数に注目してみましょう。

 

 

すると日本の3試合を終えた時点の

ファール数は28になります。

 

この数字は実は今大会

ここまで3試合を終えたチームの中で

最少の数字なんですね。

 

いかに日本がフェアプレーで戦ってきたか

ということを証明しています。

 

ボール回しの時間稼ぎや

他力本願の戦い方に対して

 

スポーツマンシップに劣るとか

フェアじゃないと思っている方は

 

日本のファール数が最少であることを

よく認識してみて下さいね。

 

 

 

フェアプレーポイント同点の場合の抽選方法

 

それではフェアプレーポイントも同数

だった場合の抽選方法ですが、

 

どのような方法で行われるのでしょうか。

 

 

当然のことながらフェアな方法で

行われなければいけないでしょう。

 

 

その抽選方法とは、

 

FIFA組織委員会によるくじ引き

 

なんだそうです。

 

 

えっ、くじ引き?

と思われたでしょうか。

 

でもそうなんです。

 

 

くじを引くドロワー役は

責任重大ですね。

 

 

幸いこれまでそのようなことに

なったことはないので

 

波紋を呼んだことはないのですが

なにか問題になりそうですね。

 

 

仮に実力差がはっきりしている

チーム間で抽選し、

 

下位のチームが勝ちあがったら

波紋を呼ぶかもしれません。

 

 

そう考えると抽選ではなく

別の選考基準を設けるべき

なのかもしれませんね。

 

 

ここで改めて

W杯予選リーグの順位決定方法

確認してみましょう。

 

1.勝ち点

2.得失点差

3.総得点

4.当該チーム間の結果

5.フェアプレーポイント

6.抽選

 

 

こうしてみると1~5まで

すべてが同じ数字で並ぶなんてことは

まず無さそうですね。

 

FIFA組織委員会でも

まさかそこまでは無いだろう

 

ということで6番目の最後に

抽選を設定したのでしょう。

 

 

そのような時が来るのかどうか

分かりませんが、

 

もしそうなったら大変でしょうね。

 

 

まとめ

 

スポーツにはルールがつきものです。

 

ルールがあってその枠の中で

行われるからこそ

試合が成立するのですね。

 

そう考えれば、

順位を決定する基準だって

立派なルールです。

 

そのルールを理解したうえで

どんな戦い方をするのか

選択することも立派な戦術です。

 

どんな評価をされようと

日本代表の決勝トーナメント進出は

素晴らしいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
PREV:フェアプレーポイント数が同じならどうなった?日本のW杯予選順位
NEXT:クレヨンしんちゃん(矢島晶子)の最後のセリフは何?動画でチェック

コメント

  1. […] NEXT:フェアプレーポイント同点で抽選方法は?W杯グループ勝ち抜き条件 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です