男の子と女の子の赤ちゃんを産み分ける方法!失敗した体験談も紹介

スポンサーリンク
    こんにちは!けんたろうです。       愛し合う男女なら誰しも願う 愛の結晶が赤ちゃんですね。     健康で五体満足...

 

 

こんにちは!けんたろうです。

 

 

 

愛し合う男女なら誰しも願う

愛の結晶が赤ちゃんですね。

 

 

健康で五体満足に生まれてくれれば

それだけで十分と望む一方で、

 

「できれば男の子がいい」

 

「やっぱり最初は女の子」

 

などと強い希望を持たれている

カップルもいることでしょう。

 

 

 

そこで、そんなお二人のために

 

男女の赤ちゃんを産み分ける方法

ご紹介したいと思います。

 

 

 

これは自らも実践した方法ですが、

実は失敗してしまいました。

 

 

なぜ失敗したのかの体験談

恥を忍んでお話ししたいと思います。

 

 

 

精子はXとYの2種類

 

 

男女の産み分け方を紹介する前に

 

まずは精子が2種類あることを

お話ししておきたいと思います。

 

 

男の子になる精子はY精子

Y染色体を持っている)

 

女の子になる精子はX精子

X染色体を持っている)

 

 

そしてそれぞれの特徴は、

 

 

Y精子

 

・アルカリ性に強く酸性に弱い

・寿命はわずか1日

・動きが速い

・X精子より数が多い

(Y精子の約2倍)

 

X精子

 

・酸性に強くアルカリ性に弱い

・寿命が2~3日と長い

・動きが遅い

・Y精子より数が少ない

 

 

まずはこのことを

頭に置いておいて下さいね。

 

 

そうすれば、これからお話しすることが

すごく理解しやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

排卵日前の性交渉のタイミング

 

 

まずはいつ性交渉するか?

 

これがすごく重要なポイントになります。

 

 

先ほどY精子は1日、X精子は2~3日

の寿命だとお話ししました。

 

 

この寿命とは、

精子が女性の膣内や子宮内で

生きられる時間と言い換えられます。

 

 

ということは、

 

精子が一生懸命泳いでも

卵子に巡り合わなければ

 

死んでしまうということです。

 

 

しかも、女性の膣の内部は

雑菌から守るために酸性

なっています。

 

 

それだけでもY精子にとって

不利な状況なのに

さらに寿命が1日と短いのです。

 

 

Y精子X精子の2倍も数があるのに

女の子が生まれやすいのは

こんなところに理由があるのですね。

 

 

 

では、男女を産み分けるための

性交渉のタイミングですが、

 

すでに察しがついている方も

いらっしゃるでしょう。

 

 

では、解答です。

 

 

男の子を産みたければ、

排卵前日当日に性交渉する

 

 

女の子を産みたければ、

排卵2~3日前に性交渉する

 

 

 

これはY精子の寿命が1日、

X精子の寿命が2~3日であることから

計算できることですね。

 

 

そして、排卵日がいつなのかは

基礎体温のチェックをしていれば

予想がつくと思います。

 

 

 

性行為の方法と時間

 

 

先ほど女性の膣の中は酸性

だと紹介しました。

 

 

これではY精子には不利な条件で

男の子が産まれにくくなって

しまいますよね。

 

 

しかし、あることによって

膣内が酸性からアルカリ性

変わっていくんです。

 

 

そのあることとは膣内分泌液、

正確には子宮頚管粘液で

 

女性がオーガズムに達すると

分泌されるものです。

 

 

つまり女性が性行為によって

感じれば感じるほど

膣の中はアルカリ性に変わります。

 

 

そしてY精子が生き残る確率が

高くなるのです。

 

 

 

では、まとめてみましょう。

 

 

 

男の子を産みたければ、

 

性行為はしっかり時間をかけて

精子は男性器を深く挿入した状態で

排出します。

 

 

女の子を産みたければ、

 

性行為は短めで淡白に

精子は男性器を浅めに排出します。

 

 

 

いずれにしても、

 

男性も女性も身体の感度には

個人差もありますので

お互いの協力が必要になりますね。

 

 

 

 

 

精子の量を調整

 

 

これは、

性行為の時の精子の量によって

左右されるということですが、

 

精子の排出量が多いと

Y精子も多い状態になります。

 

 

反対に精子の排出量が少ないと

Y精子は少なくなります。

 

 

 

ということは、

 

排卵日前の性行為において

排出される精子の量をコントロール

すればよいのです。

 

 

つまり、

 

男の子を産みたければ、

 

性行為前の3~4日は禁欲します。

 

 

 

女の子を産みたければ、

 

2~3日に1回は射精をして

精液を薄くしておきます。

 

 

ただし、あまりに長く禁欲しすぎると

逆に妊娠しにくくなりますので

ご注意下さい。

 

 

 

潤滑ゼリーの使用

 

 

性行為の時に使用するゼリーには

アルカリ性酸性のものがあります。

 

 

必要によって使い分けることで

男女を産み分けるための

補助グッズになるでしょう。

 

 

 

個人的には自然体が好きなので

潤滑ゼリーは好みませんが、

 

ひとつの方法として

紹介させていただきました。

 

 

 

電波を浴びる頻度

 

 

無線を頻繁に使う方は

子供に女の子が多いということが

よく言われていました。

 

 

 

インターネットが普及した今は

ほとんどありませんが、

 

以前はハムという無線信号機で

仲間と交信する趣味が

流行った時代がありました。

 

 

そのハムを趣味としている方には

実際に女のお子さんがいるケースが

多かったそうです。

 

 

同じ理屈でパイロットなども

女のお子さんが多いようですね。

 

 

 

ここでちょっと気になるのが

現代の電子機器です。

 

 

代表されるものは、

 

パソコン携帯電話ですね。

 

 

これだってほとんど無線の電波です。

 

 

そうなんです。

 

 

このような電子機器を使い過ぎると

Y精子を弱めてしまうことになります。

 

 

男性はズボンの腰回りに

スマホをぶら下げるのは、

 

Y精子を減少させる原因になる

恐れがあるので注意して下さい。

 

 

 

食事の内容

 

 

毎日食べる食材には

アルカリ性酸性のものがあります。

 

 

それらをどのように摂取するかで

男の子と女の子の生まれる確率が

左右されることがあります。

 

 

 

男の赤ちゃんが欲しいなら、

 

 

男性の食べる物は、

 

・肉などの動物性の食べ物

・酸性が強い食べ物

 

 

女性の食べる物は、

 

・野菜など植物性の食べ物

・アルカリ性が強い食べ物

 

がお勧めになります。

 

 

 

女の赤ちゃんが欲しいなら、

 

 

男性の食べる物は、

 

・野菜など植物性の食べ物

・アルカリ性が強い食べ物

 

 

女性の食べる物は、

 

・肉などの動物性の食べ物

・酸性が強い食べ物

 

 

と先程とはまったく逆になります。

 

 

ぜひ覚えておいて下さいね。

 

 

 

 

 

失敗した体験談

 

 

では、恥ずかしながら

 

自らが失敗した体験談

少しだけお話しさせていただきます。

 

 

妻の希望は、

 

「女の子が欲しい」

 

でした。

 

 

その希望を叶えるため

 

これまでご紹介してきた

男女の産み分け方を

 

2人でしっかり研究し

共有して事に臨みました。

 

 

 

妻は基礎体温をしっかりチェックし

排卵のタイミングもバッチリでした。

 

 

しかし、

 

僕の方の食事とパワーが強すぎ

行為の時間が長くなった結果、

 

出来たのは男の子です。

 

 

誕生するまでは、

性別は知らされなかったのですが

 

妻はそれまでの経緯と

妊娠まもないエコー画像から

 

男の子を予想し、見事に的中。

 

 

あれほど研究したのにと

責められる一場面も・・・

 

 

でもこればかりは

仕方ないですよね。

 

 

 

息子が立派に成長した今は

もちろん何も言われませんが、

 

僕自身の失敗談から

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

まとめ

 

 

男女の産み分け方

紹介してきましたが、

 

そんなことは考えたくない

という方もいらっしゃると思います。

 

 

僕自身も本当は

自然体が好きです。

 

 

男女の愛情表現としての

自然の性の営みから

 

子宝に恵まれるのであるから

男の子でも女の子でも

赤ちゃんとの出会いに感謝したい

 

そう思っています。

 

 

 

 

どんなに望んでも

子宝に恵まれない夫婦からすれば

 

男の子がいいとか女の子がいいとか

贅沢な悩みだと思います。

 

 

たとえどちらであっても

 

男女が愛し合って生まれたのなら

それ以上の幸せはない

 

昔も今もそう思っています。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
PREV:前田敦子の第一子の出産予定日と性別は?産婦人科は芸能人ご用達
NEXT:ゴキブリを一掃駆除し絶滅させる撃退法!これで卵もすべて退治

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です