女子野球ワールドカップ2016マドンナジャパン祝5連覇達成!

女子野球ワールドカップ2016でマドンナジャパンが前人未到の5連覇を達成しました。 決勝のカナダ戦は10対0の圧勝で優勝。 今大会は全く危なげなく8戦全勝で完全優勝を成し遂げました。 マドンナジャパンの強さの秘密はどこにあるのでしょうか?

女子野球ワールドカップ2016

マドンナジャパンが前人未到の

5連覇を達成しました。

 

決勝のカナダ戦は

10対0の圧勝で優勝。

 

今大会は全く危なげなく

8戦全勝で完全優勝を

成し遂げました。

 

マドンナジャパンの強さの秘密は

どこにあるのでしょうか?

 

 

マドンナジャパン優勝への軌跡

 

%e3%83%9e%e3%83%89%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%93

 

■オープニングラウンド(グループB)

 

日本 -2カナダ

日本12-0オランダ

日本10-0インド

 

グループB1位で

スーパーラウンドへ

 

■スーパーラウンド

 

日本 -2ベネズエラ

日本10-0チャイニーズ・タイペイ

日本10-0オーストラリア

日本 -0韓国

 

スーパーラウンド1位で

決勝へ

 

■決勝

 

日本10-0カナダ

 

決勝スターティングメンバー

 

1.六角彩子(サード)

2.厚ケ瀬美姫(ショート)

3.三浦伊織(センター)

4.川端友紀(セカンド)

5.寺部歩美(DH)

6.金由紀子(ファースト)

7.小島也弥(ライト)

8.船越千紘(キャッチャー)

9.志村亜貴子(レフト)

里 綾実(ピッチャー)

 

■最終順位

 

1位 日本

2位 カナダ

3位 ベネズエラ

4位 チャイニーズ・タイペイ

5位 オーストラリア

6位 韓国

 

どの試合も全く危なげない試合で

完璧な優勝だったと思います。

 

マドンナジャパンのこの強さは

どこに秘密があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

高い投手力と鍛え抜かれた堅実な守備

 

全8試合で失点は

わずかに2試合で4点です。

 

オープニングラウンド初戦

カナダ戦の2失点と、

スーパーラウンド初戦

ベネズエラ戦の2失点のみです。

 

エースの里選手を柱に

誰が投げても抑えられる

高い投手力がまずは1番の

強みでしょう。

 

ピンチを迎えても冷静に

最少失点で抑える投球術は

他国チームの追随を許しません。

 

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e7%ac%b9%e6%b2%bc%e2%91%a1

 

そして2番目の勝因は

安定した堅実な守備力です。

 

女子野球は男子野球と比べて

エラーが多く、守備力が弱い印象が

強く残りました。

 

しかし、その中で

マドンナジャパンに関しては

安心して見ていられる守備でした。

 

その守備力も他国を圧倒

していたと思います。

 

大舞台でこれだけ安定した守備が

出来るのは、そうとうきつい練習を

積み重ねたに違いありません。

 

バッティングは相手投手により

好不調の波はありますが、

守備は練習がそのまま現れます。

 

質の高い練習、

それが実を結んだとも言える

のではないでしょうか。

 

 

ミート技術がNo1のバッティング

 

バッティングはパワーこそ

外国チームに劣りますが、

それをカバーして余りある

ミートバッティングでした。

 

球を見極め捉える技術は

これも世界一だと思います。

 

中軸を担う4番打者の

川端選手を筆頭に

どの選手も確実なミートを

心掛けていたと思います。

 

20160830_2_1-6

 

バントの精度の高さにも

驚かされました。

 

バントの正確な技術は、

男子野球も見習った方が

良いかもしれません。

 

正確にミートするバッティング

 

それが3番目の勝因です。

 

 

5連覇最大の要因と目指す6連覇

 

高い投手力

 

安定した堅実な守備

 

ミートバッティング

 

これらが直接的な勝因

であることは間違いないでしょう。

 

しかし、それだけでは

大会5連覇なんて成し得ません。

 

それでは他に

何があったのでしょうか。

 

%e3%83%9e%e3%83%89%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%91

 

それは絶対に連覇するんだという

高い目標意識自信でしょう。

 

優勝を絶対的な目標とするチームと

そうでないチームとでは、

気持ちの入り方が違います。

 

マドンナジャパンの選手達にとって

優勝は当たり前の目標でした。

 

5連覇を達成した今、

2年後の6連覇に向け

新たな目標が選手達には

芽生えているはずです。

 

そんなチームが負けるはずは

ありませんね。

 

マドンナジャパン

強いはずです。

 

2年後もきっと

6連覇を達成してくれるでしょう。

 

※関連記事↓

WBSC女子野球ワールドカップ2016で侍ジャパン5連覇の行方は?

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
PREV:パラリンピック開催!障害者スポーツのクラス分け記号って何?
NEXT:吉野家の松茸牛丼が期間限定・数量限定で登場!菅田将暉CMに注目!

コメント

  1. […] 女子野球ワールドカップ2016マドンナジャパン祝5連覇達成! […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です